柴又帝釈天公式ホームページ
Taishakuten official web site

 柴又は帝釈天。
 寅さん、矢切の渡し・・・・・・。
 寅さんに笑い、泣いて、歌う人たちの心のふるさと

「庚申まいり」の江戸の人びとが灯をかざして通い来たこの道につながれば
    病即消滅・不老不死!
修羅の巷をめぐりながら、救いの御手を垂れた、あの日の板本尊・帝釈天
そのあらわれの日の「庚申」は常に新しい生の「更新」でもあったのだ
 
                             帝釈天題経寺山主 望月日翔

彫刻の寺・庚申まいり

入り口

中文简体字
English
中文繁体字
한국어